お知らせ

プロジェクト心の唄のご紹介

一人の音楽家としての作曲
震災で壊滅的な被害を受けた南三陸町に素敵な「町民憲章」があります。
この憲章に曲をつけていただけませせんか?

それは立ち話から始まった
5月上旬に心の唄バンドで南三陸町を訪問し、被災者の方々と歌いました。
避難所となっていた歌津中学校の阿部友昭校長先生とお話をした際、
震災前に町民憲章を選んでいたことが 話題になりました。
阿部先生はさらさらと筆で書いてくださり、「みんなで歌えるものにしたい」と。
「木谷さん、作曲してくれませんか?」
「僕は無理でも、誰かが作ると思います」
ここからこのプロジェクトはスタートしました。
この憲章に曲をつけてもらえる人を広く募集しよう!
全国のミュージシャンによる南三陸町と東日本への応援歌・・・歌い継がれる曲を目指そう!

南三陸町民憲章

海のように 広い心で   魚のように いきいき泳ごう
山のように 豊かな愛で   繭のように みんなを包もう
空のように 澄んだ瞳で   川のように 命をつなごう
大きな自然の 手のひらに   抱かれている町 南三陸

この詞に作曲し、録音していただける方を募集します。
寄せられた曲(録音済みの楽曲)を取りまとめてCDにして、南三陸町に送ります。
小学生の唄いやすい曲、高校の合唱曲など・・・たくさんの曲で南三陸町を応援したいと思います。
もちろん皆さまのライブで自由に演奏してください。 そして、このプロジェクトを広めてください。
8月上旬に僕たちは南三陸町を訪問し、それぞれの唄をそれぞれのバンドや歌い手が歌うことができればと、計画中です。ぜひ、ご一緒しましょう。
良い曲がたくさん集まれば、南三陸町の皆さんに選んでいただき、復興を支援するCDにすることが
できればとも考えています。

平成23年6月6日 
「プロジェクト心の唄」呼びかけ人 木谷正道

詳細は下記のページを参照してください!

プロジェクト心の唄


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-07-10 (日) 23:39:36 (2994d)